分別と思慮

TLで流れてきたフラグメントをメモ。 注目すべきは、ミュソンは七賢から選漏れする事がある程度という事ではなく、プラトンには彼を選ぶ理由があり、アポロンはソクラテスの他にも汝は最も思慮深き者と言っていたようだという事だ。 … Read More »

七月、閑忙。

ビルオーナー会議 日程的に折り合いつかず欠席。基本的に顔合わせ、顔つなぎの会合だし、地域の商店街の皆さんと足並み揃えて行きましょうというもの。協力できる分にはするけれど、お宅のテナントが~とか、この分の負担を~となると面… Read More »

哲学の原理(一)基本概念図

我ながら酷い絵だが、これが哲学の原理(一)のベースとなっている概念図。 (二)はこの図を展開したものがベースになる。(一)図でも充分に客観その他諸々、それらが何か分ると思うが、(二)図の方がさらに理解しやすいはず。でも、… Read More »

雑記(7/14)

空き時間を利用して資格を取得しようと勉強中。先日の模試では、当落線上ギリギリだったのでもっと頑張らないと残念な結果になりかねない。合格率は10%らしいので資格試験としては緩めの方・・・流石に落ちたくないヨ。 ほんの少し前… Read More »

六月、間期。

今月は裏方作業ばかりで、表立ってする事が全くない。 おかげでかなり時間を持て余し気味。 勿論、有効に活用しているが、それでもつまんないもの書いたり、ゲームオブスローンズを夢中で見てたり、あちこちカフェめぐりをしたりとお気… Read More »

雑記(6/29)

少しまとまったものを一つ書いた(→哲学の原理(一)大凡の真理)ので、重複するメモ書き類を削除した。 本来はこういうの全部図だからね、書くのって結構面倒くさい。何とかA4で一枚二枚に収まるようにしたけれど、ちゃんと書けてる… Read More »

哲学の原理(一)大凡の真理

そこに”すべて”がある。 この”すべて”にはリテラルに全てのものが含まれる。そこに含まれないものは何も無い。もし何かあればそれを含めたものが”すべて&#8221… Read More »

試斬

二回ほど、試斬に行ってきた。 巻き藁ぶった切りの試し斬り。 実際に突いたり、叩いたりできる剣道と異なって、こちらは唯ひたすらに真剣を振るうという所作を繰り返す。わずかなミスが大惨事を招きかねず、気の緩みは許されないという… Read More »

五月、財務。

今年度の資金見通しについて取締役会で確認。 八月二月の税金は相変わらず結構な額を持って行かれる。会社で払って個人でも払うってのは二重取りな気がしなくもない。残債がないので資金繰りは楽だが債権処理の見通しが立っていないのが… Read More »